全日本愛煙協会       GO SMOKING
    吸う勇気 続ける意思
未成年者喫煙禁止法
たばこ事業法
健康増進法 第二十五条
  未成年者喫煙禁止法

第一条     満二十年ニ至ラサル者ハ煙草ヲ喫スルコトヲ得ス

第二条     前条ニ違反シタル者アルトキハ行政ノ処分ヲ以テ喫煙ノ為 ニ所持スル煙草及器具ヲ没収ス

第三条     未成年者ニ対シテ親権ヲ行フ者情ヲ知リテ其ノ喫煙ヲ制止 セサルトキハ科料ニ処ス
   親権ヲ行フ者ニ代リテ未成年者ヲ監督スル者亦前項ニ依リ テ処断ス

第四条     満二十年ニ至ラサル者ニ其ノ自用ニ供スルモノナルコトヲ知 リテ煙草又ハ器具ヲ販売シタ ル者ハ五十万円以下ノ罰 金ニ処ス

 つまり大人じゃなきゃ、吸ってはダメ

(社会では、二十歳までは我慢 当サイトでは内面でも問う)

  働かざるもの吸うべからず! 

 残念ながら働いていても未成年は も少し我慢

ばこ事業法

法律第68号

第一章 総則

(目的)

第一条

この法律は、たばこ専売制度の廃止に伴い、

製造たばこに係る租税が

財政収入において占める地位等にかんがみ、

製造たばこの原材料としての国内産の葉たばこの

生産及び買入れ並びに製造たばこの製造及び販売の事業等に関し所要の調整を行うことにより、

我が国たばこ産業の健全な発展を図り、

もつて財政収入の安定的確保及び国民経済の健全な発展に資することを目的とする。

 大切な財政収入だったんですね〜 

 おかげさまで喫煙者の減少に伴う減収は、

 他の物への増税となっているみたいですが 

 税金を納めるのは国民の義務です。 

 喫煙者はイパーイ税金を納めておるのだよ 

チゴイネ!

受動喫煙の防止

第二十五条 学校、体育館、病院、劇場、

観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、

官公庁施設、飲食店その他の多数の者が

利用する施設を管理する者は、

これらを利用する者について、

受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)

を防止するために必要な措置を講ずるように

努めなければならない。

 そのとうり、嫌煙者と喫煙者の権利を守るべく

 頑張って分煙施設を整備してくださいね

 全館禁煙って手もありますよ どうしても用事のある施設なら

 喫煙は我慢しますけどね 

  大人ですから

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO